スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験:ディレイ&コーラスのステレオ出力

10年前は、プリアンプ、パワーアンプ、空間系マルチエフェクター、ステレオスピーカー、
と大掛かりなシステムを使っておりました。

しかし現在は、マーシャルJVM410Hがメインで、
ディレイはBOSS DD-7、コーラスはProvidence Anadime Chorus。
本当にシンプルなセッティングです。
また、詳しく紹介しますね。

その時に比べれば、今回の実験は、なんて事無いですが...。
私、コンパクトでステレオを体験した事が無かったのです。

そこで、今回の実験。

BOSS DD-20、BOSS CE-3のステレオ接続を試みました。

アンプはレッスン用のアンプFender Reverb 15CE を2台使いました。
優れたアンプでは決してありませんが、L:Rとも同じ物を使うのがベストでしょう。

色々なセッティングを試しましたが、

DD-20:ノーマル出力、CE-3:モードI

これが一番好みでした。

コーラスのステレオ化が絶大の効果を発揮しました。
綺麗な響きです。

しかし...バンドアンサンブルにおいて、埋もれる可能性もありますね。
実際にバンドで音を出してみないと分かりません。

stereo01.jpg

stereo02.jpg

教室からの帰り道、ボジョレーヌーボーを買って、部屋で頂きました。
やっぱり...若過ぎ。

stereo03.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ギターのせんせい

Author:ギターのせんせい
京都市のギター教室・ギタースクールShu's Shopの講師である「せんせい」が繰り広げるギター奮闘記!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
せんせいのギターな毎日
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。