スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野絢子 /『岸のない河のほとりで』レコ発東名阪ワンマンライブ ※追記あり

現在、生徒さんのマシロ君が、アコギ弾き語りに取り組んでいるアーティスト

矢野絢子さん。

main_photo_02.jpg

とても個性的で魅力的なシンガーソングライター。

ライヴがある時は、誘ってくださいねと言ってたところ、日曜日に大阪であるということで

大阪・アメリカ村にあるSope opera classicsへ行ってきました。



矢野絢子オフィシャルサイト / 蒼い鳥
http://www.yanojunko.net/index.html

私は、矢野さんの事を全く知らなかったんですが、

ゴールドディスク新人賞という凄い方なんですね。



矢野さんが、ピアノ&ボーカル。

あと、バイオリン、ドラム、ベース、トランペット、という構成。

ピアノとヴァイオリン、

ピアノとドラム...という風に

その曲に合わせたパートの組み合わせで演奏されました。

感動!

とても心地良いサウンドに酔いしれましたよ。

最近は、全く知らないアーティストに惹かれることがなくなったのですが、

1曲目、2曲目...と進むにつれ、引き込まれて行きました。

関西に来られた時は、是非また行きます!



私が30代の頃、Pitter Patter というポップスバンドをやってました。

その頃の感覚が蘇って来ました。

ボーカル&ピアノは、木屋町の女王「チャオ」です。

RAGでトリをつとめる、結構人気のあるバンドだったんですよ〜。



ライヴが終わってからほんの少しお話と握手をして頂きました。

その時、お話しした矢野さんが2曲ほど弾かれたアコーステックギター。

そのギターがこれ!

K.Yairi FK-1
kyairi.jpg

実際に見たのは、今回で2本目。

一本目は、東京のシンガーソングライター森永晶さん。

そして、今回の矢野絢子さん。

このギターは、小さいボディーにも関わらず、凄く鳴るんですよね。

さすが、Kヤイリ。

欲しい!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

日曜日はありがとうございました。

楽しんで頂けたようで良かったです。


1曲1曲ごとの情景が思い浮かぶような素敵なサウンド。

私が行った数々の矢野絢子ライヴの中でも

上位にランクインする位、いいライヴでした。


奏者の吐息が聞こえそうな距離で

ああいうライヴを堪能できるのは

ほんとたまらないです(笑)

>マシロ くん

日曜日は、お疲れさまでした!

本当に素敵なライヴでした。

感動しました。

ヘヴィーメタルだ、ポップスだ、

アコギだ、エレキだ、

もうそろそろ、そんなのやめようよ...って思います。

私にとってジャンルなんて関係ないです。

良いものは良い!

そう思えるライヴでした。
プロフィール

ギターのせんせい

Author:ギターのせんせい
京都市のギター教室・ギタースクールShu's Shopの講師である「せんせい」が繰り広げるギター奮闘記!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
せんせいのギターな毎日
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。